5年後か8年後か。

こんにちは、みかげです。

更新遅れましたが、「私のことを好意的に見てくれている数少ない昔からのブログ読者さん」

に向けて、前記事に引き続き自分語りの近況報告をします。(まあもうそんないないと思うが)

自分語りなので、札幌情報もありませんし、「私のことを好意的に見てくれている数少ない昔からのブログ読者さん」

以外は特に見る必要ないかと思うので、以下は読まずに、他の札幌移住記事をお読みください。

あと見直しとかもあまりしてないのでざっくりとした内容になりますがご了承下さい。(スマホで書くのいまだにだるい)

 

 

 

 

 

紆余曲折ありすぎて疲れた

まぁ2022年はいろいろありましたがめんどくさいので箇条書きにします。

想像力を働かせて、ここからいろいろ背景を読み取ってください。

  • 一人目の医者から普通の人は治るがあんたは治るかわからんと言われる
  • 2月、治療効果が出て少し良くなる
  • 3月、つまずきそうになり悪化。足がほとんど上がらなくなり、靴が自分で脱げなくなる、階段が登れなくなる、などの新たな症状が出て、一人で暮らせなくなる。
  • 一人で暮らせなくなってしまったので、実家の埼玉に新幹線で帰る。
  • 4月、二人目の東京の名医から、「普通の人は良くなるが、あなたは特殊だから治るか分かりません。こんな特殊な人は10年に一人しかいません。」と言われる。
  • 8月、三人目の医者から、「正直初めて見たケースで、私の手に負えないので、私の師匠を紹介します」と言われる
  • 9月、四人目の先生は、無口で何も言わず、ひたすら治療。
  • 11/23 やっと治療効果ハッキリ出て、少し良くなる。

 

 

と言うわけでやっと11/23から症状が少し良くなって安定してきました。

ほんとに長かったですよ…

まぁ書いてないこともいろいろあって紆余曲折ありまくりでした。(複雑すぎるのでわかるわけがないので書かないが)

なので、良くなってきたならよかったです!だけのコメントをもらうと正直いらっとしますね笑

大変だったことを共感ゼロで省かれるとまぁ誰でもいらっとしますよね。

それに良くなったと言っても相変わらず健常者だった頃の5分の1から、7分の1ぐらいの歩行速度と距離です。

徒歩5分の距離のコンビニを往復したら、何分かかるかわかりますか?

50〜70分ですよ!笑
もちろん70分も歩けるわけないので実質不可能ですが笑

良くなったと書くと勝手にかなり良いイメージをする方いるので、念のため書いときます。

上半身と痛みや痺れはかなり良くなり、無理をしなければ、過去のように激痛に襲われることはもうなくなりました。

 

というわけで当初は普通の人みたく1.2年で良くなると思ってましたが、私は10年に一人ぐらいしかいない特殊パターンらしいので、まだまだまだまだかかります。

 

メンタル的にはもうだいぶ安定してます。
最初は「普通の人はそこそこ治るがあんたは特殊すぎて治るかわからん」ばかり言われてたので、正直つらかったですね。

「なんで俺は普通の患者と違って、特殊で治らないんだよ、、」と希望は持てるわけなかったですね。

結局3人目の医者まで同じことばかり言われて心が折れまくってました。

んで9月に、やっと隠れ名医の先生を紹介してもらい、症状が良くなってきたのが11月末なのでごく最近です。

また同じ障害の方と交流していて結局みんな今までの人生で1番落ち込んでいるのが分かったためです。
やはり自分1人で苦しんでいると辛いですが同じ障害の方も苦しんでいることがわかると一人ではないと気が楽になります。

相変わらず病院の日以外は1日中朝から晩までベッドの上にいます。
でも最近は慣れてまあまあ楽しいですね。
世の中には、闘病生活で何年も入院している方がたくさんいらっしゃいるわけですし。

Twitterで繋がってる趣味友達もそこそこいるので、誰かしらと軽い会話はほぼ毎日のようにしています。

また秋には札幌で1番仲の良い友人も、飛行機に乗って埼玉の自宅まで来てくれて、いろいろおしゃべりできてとても楽しかったですね。

一周回って、変わらずいつも通り接してくれるのが嬉しいです。

もう5年以上の付き合いですし、多分毎年来てくれるので、今年も楽しみにしています笑

今後の予定(願望込み)

1.函館に日帰り旅行(2〜5年後)

最初の目標としては2〜5年後に函館に日帰り旅行することです。

なぜ函館なのかと言うと新幹線に乗れば埼玉から約4時間で行けるためです。

今後は飛行機には乗れないので、すべて陸での移動となります。

もちろん椅子には座れませんが、新幹線は、多目的室があるので横になりながら過ごすことができるためです。

これは実家に帰る時にすでに経験済みなので安心です。

函館への滞在時間は3.4時間とかになると思いますが、まぁやっぱり北海道の空気が吸いたいし、空も見たいし、函館は旅行で過去に5回行ってるので土地に慣れているのもあります。

移動はそこそこ限定的になりますが、まぁ本当に行ければ満足と言うレベルですね。

2.札幌に5〜8年後住む

札幌には5年〜8年後に住むことをあくまで予定としてですがイメージしています。

上記でお伝えしたようになり陸からの移動となるので、函館から札幌はJRで3時間半かかります。つまり、大宮から札幌は7時間半かかります。

しかし2030年になれば札幌まで新幹線がいるので、事前情報によると函館から札幌を1時間ちょっとぐらいで到着できるようになるらしいです。

そうなれば東京まで5時間余りですのですごく楽です。

もちろん早いに越した事は無いですが、まぁもうあまり焦らなくなりました。

現時点では、まともに九九ができない小学二年生が慶応大学合格するぐらいの時間と難易度です。

3.駅直結の家を選ぶ

札幌に住む場合は駅直結の家に住みます。

なぜなら完治しない以上、雪の上は今後も歩くことができないためです。

車椅子の方もそうですが、駅直結の家に住む必要があります、というかそうじゃないと冬で札幌に住むことは不可能です笑

前の職場にいてかなり仲の良かった方も身体障害者でしたが、駅直結の家に住んでいましたしみんなそうですね。

もちろん住む場所は、限定されますし、おそらく家賃も高くなると思いますが、まぁこれは仕方ありません。

雪の上はまともに歩けないですし、もし滑って転んだらおしまいですから。

と言うように現実的に考えても以上のプランを考えています。

あくまで予定なので分かりませんが今はそのつもりで考えています。

まぁ正直8年後とか全く想像できないですし、世界がどうなってるのかわからないですが仕方ありません。

障害になる前の私だったらそんな長い期間待つなんて無理だし、これを読む方にそんな先かよみたいに思う方もいるかも知れませんが、それほど重度なので仕方ありません。

しかし、今の私は受け入れることができているので別に大丈夫です。

 

今の生活も最近は慣れてきましたし割と楽しいです。

それに、生まれてこれてよかったと心の底から思うことができるようになりました。

これは健康であれば得られなかった考えですのでありがたい気づきです。

後は復活すれば、元気になった時の歓びを味わうことができるのでそれが楽しみです。

 

そんな感じですが以上です。

あくまで現時点なので変わるかも知れないですが。

と言うわけで次回の更新は、函館に行った時になります。

予定としては2025〜2028年です。(理想は2025)

それではお元気で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。