道民必須!氷の上でも滑らない雪靴とは?

雪靴なんて札幌に移住するまで存在すら知りませんでした。

ですが雪靴なしに北海道で暮らすことは難しいです。

こんなツルツルの道を普通の靴で歩くのは危険ですからね。

6343  6345

こんな道のために雪靴があります。

雪靴を一言で言うと「滑り止めがついていて氷の上でも滑らない靴」ですね。

雪靴が普通の靴とは違うポイント3つ

1.氷の上でも滑らない

一番重要なポイントですが滑りません。

その理由は靴の裏がデコボコなんですよね。。

言葉で説明するより、実際私が履いている雪靴見れば一発です。

ほら、このデコボコです。
雪靴 札幌

雪靴 札幌

このデコボコのおかげで氷の上でもかなーり滑りにくくなっています。
(もちろんこれで100パーセントすべらないわけではありません)

一般的な雪道なら普通にあせって歩いたりしなければほとんど滑りません。

たまにスケートリンク状態になっている場所は雪靴を履いていて滑りますので、注意が必要です。

2.厚底なので靴の中に水が入らない

2番目は厚底ですね。

普通の靴と比べて底が高いですよね。

雪靴 札幌

雨の日でもそうですが、底が低い靴だと靴の中に水が入ってきてビショビショになってしまったりしますよね?

雪でも同じことが起こります。

しかし、底が高いので普通の靴と比べて靴の中がビショビショになることは少ないんですよね。

3.暖かい

気密性があるので、普通の靴よりも明らかに暖かいです。

また、普通のシューズ型もいいですが、ブーツ型の雪靴にしてしまえば、精度が上がります。

私はシューズ型ブーツ型二つを使っていますが、機能性で言えばブーツ型がいいですね。

すべらないのはもちろん、くるぶしがすっぽりと靴の中に入って暖かいですからね。

サラリーマン向けの滑らない靴

サラリーマンの方は雪でも革靴でないといけませんよね。

そんなサラリーマンのためにも、ビジネスシューズ用の冬靴があります。

靴の裏には滑り止めもあり、底も若干高くなっています。

大雨のときもおすすめです。

ヒールを履きたい女性のための滑り止めもあります。

ヒールを履きたい女性のためにも滑り止めはあります。

滑り止めをつけずにヒールで真冬の札幌を歩くのは危険すぎますからね・・・

滑り止めのない靴をどうしても冬に履きたいなら

滑り止めのないお気に入りの靴をどうしても冬に履きたいなら、滑り止めをつけることができます。

100均で売っています。

ダイソーで買いました。

冬靴 滑り止め

別途の靴用ボンドも100均で売っているので一緒に買います。

ヤスリをかけて滑り止めをつけるだけです。

本来の雪靴より多少滑り止めのレベルは下がりますが、なにもしないよりははるかに良いです。

メンテナンスはしたほうがいいですね。

ちなみに、道でこのすべりどめが落ちているのを冬に何回か見つけます。笑

ネットで買うなら

私が履いているシューズ型の靴は楽天で買いました。

3980円です。

やっぱりネットのほうが安いんですよね。

レディースなら

男なので買っていませんが、普通に可愛いと思います。

値段も手ごろですし、レビューも高いです。

ゴアテックス ブーツ

こちらは少し値段が上がりますが、レビュー点数が☆4.86です。

あたたかくて歩きやすいようです。

買うときの注意点を1つだけ。

きちんと商品画像を見て靴の裏がデコボコしているかを必ずチェックしてください。

基本的には大丈夫ですが、念のためです。

大通・すすきの付近で買うなら

ブーツ型は、狸小路にある東京靴流通センターで買いました。

狸小路には他にABCマートなどもありますがこちらのほうが割安でした。

6299

6301

6300

まとめ

雪靴を履いていない道民はいません。

たとえ旅行でも長い距離を歩くなら靴にはきをつけたほうがいいですよ。

11月~4月までお世話になります。

ひとまず11月中旬までには、雪靴は2足買っておいたほうがいいですね。

雪靴はみなさん履いてますから札幌で暮らす上では絶対の必需品です。

普通の靴だと滑ったり、靴の中がぬれてしまったりしますからね。

2月でもマフラーしていない人はいますが雪靴をはいていない人はまずいませんから。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にコメントをどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>