札幌以外の北海道に移住するのは辞めた方がいい4つの理由

北海道移住と言っても札幌と富良野や帯広、釧路などではまったく状況が違います。

札幌に移住した僕ですが、もし親友が「釧路や富良野に移住したい!!」と言ったら「絶対にやめておけ!」と言いますね。

「お前も北海道に移住しておいてなんでだよ!」と思うかもしれませんが、札幌と他の地方とではまったく事情が違うのです。

正直かなりキツイですね!

photo0000-4032

1、仕事がない

仕事がありません。

人が集まる場所に仕事は発生します。

東京に仕事が多いのはどうしてだと思いますか?

そうです、人口が多いからなんです。

 

ゆえに人が集まらない地方には仕事はあることはありますが、かなり厳しいです。

しかし、札幌は毎年のように人口が増えており、北海道の人口の30%以上が札幌市民です。

求人紙を見ればいつでも求人が載っていますし、アルバイトでもコールセンターなどであれば時給1200円以上も見かけるほどです。

しかし、札幌以外の地方ではそもそも求人すらほとんど無く、あったとしても12万円、14万円などとても生活していくには厳しい金額です・・・

せっかく自然豊かな場所に移住しても、仕事が無ければ生活していくことができませんからね。

夢を見るのもいいですが、最低限仕事は確保しましょう。

2、札幌以外は不便

本当に不便です。

私は以前千歳市にある支笏湖で住み込みで働いていましたが、スーパーどころかコンビニすら無い場所でした。

私自身支笏湖は本当に大好きで、住み込みで働けるだけでも夢の様で、支笏湖に住み込みで働けると決まった時は本当に嬉しかったのを今でも覚えています。

ただ、2週間も過ぎてくると何もなさ過ぎてストレスがたまってきます。

確かに自然豊かで空気も美味しいですが、ずっと住んでいるとそのありがたみすら薄れてきます。

結局、たまに来るからいいんですよね。

都会の便利な生活に慣れてしまった習性は簡単に変われるわけがありません。

札幌の我が家に帰ってきたときは子供のようにはしゃぎましたよ。

札幌に住んでいれば不便なことは何もないですからね。

もちろん、今でも支笏湖は大好きで札幌から1時間半で行けてしまうので行きたいときにいつでも行くことが出来ます。

その点でも札幌は便利ですね。

3、雪道の運転など車リスク

田舎では当たり前ですが、車が必須です。

乗れない人は完全に論外ですね。地方への北海道移住はあきらめましょう。

車はとても便利な反面、購入代金、駐車場、車検代、自動車税、自賠責保険料、ガソリン代、出先での駐車代、タイヤなど消耗品維持費などランニングコストが発生します。

しかも、雪道の運転は危険が伴います。

吹雪やスリップ、雪でタイヤが埋まるなど本州では年に数日しか起こらないことも地方では毎日のように発生します。

こちらもリスクとして知っておくといいですね。

4、毎日雪かきをしなくてはいけない

一番ツライのが雪かきです。

札幌の中心部のマンションなど雪かきの手間が無い場所に住んでしまえば必要ありませんが、地方や一軒家の場合冬は毎日雪かきをしなくてはいけません。

いいですか?毎日ですよ。

しかも1時間以上は必要でしょう。

毎日雪かきに1時間もとられていては時間がもったいないですし、凍える寒さでの肉体労働はツライものがあります。

またお年寄りの方が毎年雪かきをしている時に亡くなる方も多いですよね。。

地方に移住したら死ぬまで雪かきをしなくてはいけません。

あなたは、70歳を過ぎても雪かきを毎日1時間以上できる自信と覚悟がありますか?

 

大自然に住むのではなく、旅行で味わおう

北海道の大自然はすばらしいのは言うまでもありません。

しかし、住むのと旅行は違います。

札幌に住めば、本州に比べ比較的手軽にいけるようになりますので、旅行で行きましょう。

繰り返しですが旅行と住むのとは別なんです。

まとめ

仕事もないし、収入も少ないのに生活コストが高いし、手間もかかる。

とにかくデメリットが多すぎます。

田舎暮らしや雪との生活に生まれた頃から慣れている人ならともかく、東京や大阪などに住んでいた人には厳しすぎる環境です。

もちろん自然豊かなのはとても魅力的ですが、それならわざわざ住む必要はありません。

大自然は旅行で味わいましょう。

 

札幌に住めば、日帰りや1泊2日のプチ旅行として行くことが出来ますし、上記の4つのデメリットも札幌に住んでしまえば、なくなります。

ですので、北海道の地方に移住するのは辞めましょう。

移住するなら札幌をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。