究極に地味な札幌でのゴミの捨て方

究極に地味なことですが札幌のごみ捨てについてです。

地味でつまらないことですが絶対に覚えなくてはいけないことです笑

ゴミの捨て方ってすんでいる場所によってぜんぜん違いますよね。

もちろん僕の住んでいた埼玉とは違ったので書いていきます。

札幌のゴミの基本的な種類は以下の5種類+1種類にわかれています。

1、燃えるゴミ

2、プラスチック

3、びん・カン・ペットボトル 

4、雑紙

5、燃えないゴミ

※+1、枝・葉・草

1、燃えるゴミ

言うまでも無い燃えるゴミですね。

生ゴミなどもこちらに該当されます。

週に2回あります。

2、プラスチック

プラスチックですね。

6363

単純にこのマークがついてればプラです!

カップラーメンの容器やポテトチップスの袋などもそうですね。

週に1回あります。

3、びん・カン・ペットボトル

そのまま空き缶やビール瓶、ジュースを飲んだペットボトルですね。

週に1回あります。

4、雑紙

紙類です。

ティッシュの箱とか包装紙とかレシートとか汚れていない状態の紙類ですね。

2週間に1回なので忘れると地味に大変です。

5、燃えないゴミ

フライパンなどの調理器具、切れた電球、お茶碗など今まで該当しないものですね。

2週間に1回ですが捨てる頻度が少なく渡しは数えるほどしかありません。

※+1、枝・葉・草

枝や葉などの回収です。

普通に生活するうえでは利用しないでしょう。

12~4月は回収はありません。

スポンサーリンク

燃えるゴミと燃えないゴミは札幌市指定の袋で捨てなければいけない

燃えるゴミと燃えないゴミは札幌市が指定している有料のゴミ袋を購入して捨てるのがルールです。

袋の種類は4種類

・5L.:10枚100円

・10L:10枚200円

・20L:10枚400円

・40L:5枚400円

6352  6356

一人暮らしなら5Lと10Lで十分です。

袋に書いてあるルールや注意点は以下の通り。

6353 6354

10Lでそこそこの大きさがあります。

個人的には10Lがちょうどよいですね。

6355

私が捨てる種類がわからず悩んだもの

発泡スチロール

商品を購入したときに包装されてある八方スチロールです。

調べたところ、発泡スチロールは雑紙でした。

スプレー缶

スプレー缶は燃やせないゴミです。

スプレー缶と乾電池は、通常の燃えないゴミと違い透明の袋で出します。

ダンボールの捨て方

ダンボールの捨て方が一番困りました。

だって、引越し直後はマットや棚などあらゆるものを楽天やAmazonで購入したので部屋中ダンボールだらけになりました。

検索しても資源回収に出してくださいとしか出てきません。

ゴミだし以外の方法を調べたら、近くのスーパーでダンボールを捨てる場所が設置してありました。

ですので、いつもスーパーに買い物に行くついでにダンボールをポイポイ捨てに行っていますね。

6351

紐で結わく必要もないですし、個人情報が印刷されているシール部分だけ手ではがすだけです。

セイコーマートでも、ダンボール回収は行っているようですね。

ただこちらは紐でゆわく必要があります。

大型ゴミを捨てる手順

1.申し込みセンターに電話をする。

下記に電話して、捨てる大型ゴミについてオペレーターに伝えます。

札幌 ゴミ捨て

指定の番号を言われますのでメモをとりましょう。

私は1回マットレスを大型ゴミで捨てました。

2.札幌市指定の大型ゴミのシールを買う。

スーパーやコンビニなどにあります。

コンビニだと店頭にはないのでレジで聞いたら出してくれました。

3.指定日にゴミ捨て場付近に出す。

指定日にゴミ捨て場付近に出します。

後は回収してくれますので、これで完了です。

面倒くさそうですが電話したときにオペレーターの人がすべて親切に教えてくれますので安心してください。

札幌市のゴミ捨てアプリが便利!

今ではなんでもアプリですね。

札幌市のゴミ捨てアプリがあります。

住んでいるところを設定するだけで自動的にゴミ捨てスケジュールを表示してくれます。

札幌 ゴミ捨て

「明日なんのゴミだっけ?」って思っても見れば一発です。

札幌 ゴミ捨て

「札幌 ゴミ」で検索すると出てきます。

6362

インストールすれば完了です。

6361

まとめ

究極に地味でつまらないゴミ捨てですが、住んでいる場所によってまるで違うので知っておく必要があります。

ひとまず利用頻度が多い札幌市指定の燃えるゴミの袋はすぐ買いましょう。

ダンボールも気楽にゴミ捨てできたら理想ですね。

まあ、いろいろ書きましたがアプリが便利です。

ゴミ捨てカレンダーを冷蔵庫に貼るのもいいですが、デジタルに頼りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にコメントをどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>