【体験談】北海道でリゾートバイトしてわかったメリットとデメリット

3年前のことですが、北海道でリゾートバイトしてわかったメリットデメリットを書いていきます。

いまさらですが、ちょうど夏で思い出に残っているのもあり、記憶が蘇ってきましたので書きたくなってきましたw

そもそもリゾートバイトとは?

一言で言うと、リゾートと呼ばれる地域・場所・施設で住み込みで働くことです。

例えば、以下の3つが主流ですね。

1.温泉街

仕事内容:仲居・フロント受付・レストランスタッフ・調理スタッフなど

2.テーマパーク

仕事内容:テーマパークスタッフ、プールスタッフなど

3.スキー場

仕事内容:チケット販売、リフト係、レストランスタッフなど

リゾートバイトのメリット7つ

実際リゾートバイトをして感じたメリットを書いていきます。

1.食費・生活費すべて無料

最大の魅力は食費や生活費がすべて無料になることです。

食費・電気代・ガス代・住宅費基本的にこれらはすべて0円です。

例えば、夏でクーラーをいくら使っても0円ですね。

まあ北海道でリゾバすれば、ガンガンに使うことはないと思いますがw

2.日本全国どこでも交通費全額支給

あなたが今東京、大阪、沖縄など、どこに住んでいたとしても北海道への飛行機代、電車代などの交通費はすべて会社側が負担してくれます。

せっかく日本どこでも働けるので、普段行かないところで働きたいですよね。

ということで、やっぱり北海道ですよ!

実際北海道が人気NO.1です!

3.貯金ができる

家賃・食費・生活費などの固定費がすべて0になりますので、必然的に貯金が出来ます。

ですので払うとしたら携帯代金やネット料金・遊び代ぐらいなので稼いだお金の7~8割ぐらいは貯金できてしまいますね!

少なくても10万~多い場所なら毎月20万円貯金できてしまうでしょう。

1ヶ月で15万貯金できたとして、3ヶ月働けば45万円です。

普通に一人暮らしで、これだけ貯金するのは難しいですよね。

↓ツイッター検索して見つけましたが、これはさすがに異常ですが、間違いなくお金は溜まるでしょう。

4.温泉入りたい放題

働く場所が温泉の観光地なら温泉入りたい放題です。

実際私はそうだったので、調子に乗って1ヶ月間ほぼ毎日温泉に入っていました。

さすがに後半は飽きてきてありがたみが薄れてきますが、美肌や健康などの効能があると医学的にも言われてますからね。

5.スキー、スノボ滑り放題

冬のゲレンデなどで働く場合ならスキーやスノボが滑りたい放題です。

私は滑らないのでよくわかりませんが、スノボなどのリフト券は平均4000~5000円もするんですね。

この費用も一切かかりません。

スキーやスノボ好きには最高のメリットでしょう。

6.全国に友達が出来る。お酒が飲める。

住み込みなので必然的に、人と仲良くなるので友人ができます。

もちろん全国各地から来ていますので、普段仲良くなれない人と友達になれます。

性格としては、基本的に外交的で、旅行好き、自由な人が多いです。

夜はリゾバのイメージ通りで、お酒を飲むことが多かったですね!

人と飲むのが好き!というなら文句なしのメリットですね!

7.1ヶ月だけなど短期もある

1ヶ月だけ働きたい、夏休みだけ働きたいという人もいると思います。

もちろん可能です。

実際私は45日ぐらいで短期でサクッと働きました。

ただ、短期は人気なのですぐに埋まる可能性があるので、毎週案件はチェックしたほうがいいですね!

リゾートバイトのデメリット3つ

メリットばかり述べて書いてきましたが、これからは実際働いて感じたデメリットを正直に書いていきます。

1.行動範囲が制限されて不便

とにかく行動範囲が制限されます。

ほとんどの観光地は交通の便が良くありません。

車があればいいのですが、そこまで持っていくのは難しいでしょう。

私の観光地はバスで最寄の駅まで1時間ほどかかり、バスの最終便も16時半頃だったので休みの日に街に出ても、6時間後には最終バスに乗らなくてはいけません。

最初は観光地で遊びまくるので、不便を感じないのですが後半になると何でも物がある都心が恋しくなってきます。

私の勤務地はなんとコンビニすらなかったので、戻ってきたときに普通のセブンイレブンすらありがたさを感じるほどです。

自然がたくさん=不便なのは当たり前なのですが実際住むと嫌でも実感しますよ。

2.途中で辞めると交通費自腹

仕事を途中で辞めることはできますが、交通費はすべて自腹になってしまいます。

ですので、不満があれば派遣会社の人に電話して聞いてもらいましょう。

僕も「コンビニが欲しいです」とか「札幌が恋しいです」とか言っていましたw

派遣会社としても僕に途中で帰られると損失になりますので、優しく聞いてくれましたw

3.ホテル業だと茶髪不可

ホテル業など接客業は茶髪不可であることがほとんどです。

私は学生時代から就職活動しているときを除き、ほぼ茶髪で生きてきましたが、今回ばかりは仕方ありません。

完全に黒染めしましたね。

黒髪の人は問題ありませんが、嫌な人はデメリットでしょう。

スキー場などであれば、茶髪OKの場所も多いので、黒髪が嫌な人はそれを条件に探しましょう。

実際の北海道のリゾートバイトどんな場所?

実際に求人が出される北海道のリゾート地です。

実際私が働いたのも下記に紹介している温泉の名所です。

1.登別温泉

2.洞爺湖温泉

3.定山渓温泉

4.北湯沢温泉

5.層雲峡温泉

6.支笏湖温泉

7.函館

8.富良野

9.夕張

10.利尻島

11.ニセコ

12.トマム

13.知床

 

どこも有名なリゾート施設ばかりですよね!

案件さえ出ていれば、実際この場所に応募すれば働けますよ!

これらの求人情報はブログ作成時(2018年7月4日)に募集中のものです。その後は募集を終了している可能性があるので、下記のリゾバの派遣会社から確認してください。

⇒ 北海道のリゾートバイト求人をみてみる。

よくある質問と私の実体験

リゾートバイトのよくある質問をさらさら書いていきます。

Q1.友達は出来るの?

できます。

やはり住み込みなので普通よりはるかに仲良くなります。

私もリゾバ中はもちろん、リゾバ終了後も仲良くなった人と遊んだりしていました。

Q2.時給は?月にどれぐらい稼げる?

勤務地によりますが850~1200円ほどでしょうか。

案件によりますが低くても月に17万~高いと30万近く稼げるでしょう。

生活費は0なので7~8割は貯金できるでしょう。

大きいですよね。

Q3.仕事のスケジュールは?

中抜けシフトであることが多いです。

9時~13時

17時~22時など

私は10時~14時、18時~22時でしたね。

勤務地によって変わるので案件をチェックしたり担当の人にしっかり聞きましょう。

Q4.仕事はきつい?厳しい?残業はあるの?

土日とピークは忙しく、平日はヒマということが多いようですね。

私の場合もそうでした。

残業は私はほぼ0に近かったですが、毎日のようにあるところもあるようです。

Q5.何日に休みたい希望日は通る?

通ります。

土日は通らないかもしれませんが、平日ならほぼ通るでしょう。

Q6.友人と一緒に働きたい

可能です。

友人同士OKという項目がありますので、それがあれば友人同士でも大丈夫ですよ!

Q7.年齢制限は?30代や40代はダメなのか?

30代や40代の人でも実際に働いています。

確かに20代がメインですが、旅好きなど自由な考えや世間に縛られない人生観を持っている人が多いので深く気にする人は少ないでしょう。

実際34歳の人と一緒に働きましたし、僕も28歳でしたから。

自分が思っているほど人は気にしていません。

リゾバだけで生きているような人もいますから。

Q8.異性と恋に落ちることはあるの?

実際に、リゾートバイトで出会ってカップルになる人もいますよ!

住み込みで働いている分恋愛に発展する可能性はあるでしょう。

「あいのり」のようなテンションになるんでしょうか。

これに関しては私のエピソードはございません。

あればここに書けたので残念ですね!

ちなみにスキー場が一番確率が高いと思いますので、恋の思い出も作りたい人はスキー場ですね。

リゾートバイトで働くための3つの手順

1.リゾートバイト会社にWEB登録

リゾートバイトで働くにはリゾートバイトに特化した派遣会社があります。

ですので、その派遣会社に登録します。

すべてWEB登録できますので、少しでも働く意欲があれば無料登録だけしておきましょう。

⇒ リゾートバイトならアルファリゾート!

2.リゾートバイト会社から電話を受ける。

とにかく電話だけは出ましょう。

私はひとまず登録しただけですが、次の日に早速派遣会社から電話がかかってきました。

最初は面倒なので無視していましたが、電話に出ないとかけ続けられます。

なので電話に出て「リゾバに興味はありますが、とりあえず登録しただけで、良い案件があったらこっちから電話します!」と言ったら「そうだったんですね!ではご連絡お待ちしてます!」

と言われて40秒ほどで通話が終了しました。

 

その後、実際に気になる案件が見つかったので「気になる案件があったのでこちらついてお伺いしたいです!」と自分から電話しました。

すると、

「では一度説明をするので会社に来てください!」と言われ面接に移りました。

3.担当と面談し、仕事決定!

面接と言っても大したことではありません。

条件の確認が主な内容ですので、私服で大丈夫です。

派遣会社のほうからも「こういった条件ですが大丈夫ですか?」と聞かれますので、問題ないか確認していきます。

もちろんこちらからも確認できますので、後日トラブルにならないためにもしっかり質問しておきましょう。

個人的に派遣会社の人に聞いておいたほうがいいことはこの下に書きました。

条件さえ合えば、派遣先でこれで北海道のリゾート地で働くことが決定です!

ここは派遣会社の人に聞いておこうと思うこと!

リゾバを経験した上で、面談のときに「ここは派遣会社の人に聞いておいたほうがいいよ!!」と思う質問です。

1.コンビニはあるのか?

コンビニはあるのかですね。

たかがコンビニとはいえ、無いととても不便です。

「無くても全然大丈夫!」という人は気にする必要はありませんが、ただのコンビニすらないと愛しさを感じるようになってきます。

2.食事は1日何食?休みの日も食事が出る?

リゾートバイトでは食費が無料です。

しかし、1日2食の場所と3食の場所があります。

また、休みの日は出ない場合もあります。

 

私の場合は、1日2食(昼・夜)で休みの日でも食べられるという内容でした。

朝食は軽めに食べるタイプなので、休みの日に食材をスーパーで調達していましたね。

というわけで食費が3000円ぐらいはかかっていましたねw

そのような場合もあるので、確認しておきましょう。

3.交通の利便性

交通の利便性ですね。

最寄り駅までどれぐらいか?始発は何時から?最終は何時なのか?

基本的に観光地なので不便だとは思いますが、大まかにでも把握しておきましょう。

これは聞かなくてもスマホで調べれば検索できるしょう。

 

また、勤務先の社員さんと仲良くなっておきましょう。

社員さんならほぼ全員が車で出勤しているので、仲良くなれば一緒に乗っけてもらえます。

夜でも行動できるし、交通費も浮くし一石二鳥です。

4.一緒に勤務する派遣の人がいるのか?いるとしたら何人?

一緒にリゾバで働く人がいるかですね。

これは勤務地によりかなり変動がありますので確認しておきましょう。

人数を気にしない人は大したことではないですが、いるといないとでは大違いですね。

私は同じ派遣ではいませんでしたが、他の派遣会社の人がいたので、仕事終わりによく飲んでいましたね。

5.残業はあるのか?あるとしたらどれぐらいなのか?

残業があるかは大事ですよね。

ありすぎてキツいのは嫌ですが、その分残業代で稼げます。

まったくないのは、楽で時間もとれるので遊べますが、その分稼げません。

これは目的によるので聞いておきましょう。

6.寮に備え付けのものは?持っていったほうがいいものは?

寮に備え付けのものに何があるか聞きましょう。

冷蔵庫や電子レンジなどの家電は必ずありますが、電気ケトルなどはない場合が多いです。

私も実際なかったので持って行きましたので、ここは確認した方がいいでしょう。

ブックマークして定期的に案件をチェックしよう。

私は派遣会社すべてを、お気に入りに入れて定期的に見ていました。

特に1ヶ月だけなどの短期の案件は人気で案件も3ヶ月以上の案件に比べれば少なくなります。

すぐに募集が埋まることが考えられますので、週に2回はチェックしてましたね。

良い案件が出たらすぐに応募して、担当者と条件について詳しく聞くため面接したほうがいいですね。

完璧な案件は存在しないので、優先順位を決める。

時給も高くてコンビニもあって交通の便があって自分の大好きな観光地のリゾバがあれば最高ですよね。

しかし、そんな完璧な案件とは出会わないでしょう。

「あれはだめだ」「ここはだめだ」と文句を言っていたらリミットになってしまうので、ある程度の自分の中の優先順位を決めて、多少の妥協は必要です。

私は「好きな観光地」で「短期間」で「調理」であれば、何でも構わないと思っていたので、基本的にその3点だけで決めました。

おすすめの派遣会社3社(できたら3つ登録しておこう)

1.リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートでしか出ていない好待遇の求人が多数あります。

また年齢層が高い(30~50代)も応募可能な求人も多いですね。

何より求人数が多いです!(2018年7月4日現在 北海道の求人情報151件)

案件も時給が高いものが多いので、総合的に見て一番いいでしょう!

非公開求人多数で、時給、条件が良い。

実際私もアルファリゾートから派遣してリゾバで働きました。



以下の2社もリゾバの案件がありますので、チェックしておきましょう。

私はアルファリゾートから応募しましたが以下の2社もチェックしていました。

とりあえずブックマークはしておきましょう。

求人は多ければ多いほうがいいですからね!

2.リゾバ.com



3.リゾートバイト.net

まとめ:リゾバは絶対に思い出になる!本当にやってよかった!

リゾバは絶対に思い出になります!

好きな北海道ならなおさらです。

実際リゾバの存在は大学生のときから知っていました。

しかし、「やってみたいな~」と思っていたらいつのまにか社会人になりやるタイミングがなくなってしまったんですよね。

それでもやりたい気持ちは残っていたんです。

 

その後札幌に移住し、どうせだからやってみたいと思っていたリゾバを実現させることにしました。

結果、やってよかったですね!!

「いまさら28歳でリゾバとかださいよなー」とか思いまくってましたが、やって大正解!!

今自分が大学生だったら、毎年のようにやっているでしょう!

追伸

「○○してみたかったな~」

「○○しとけばよかったな~」

と思っていることはありませんか?

 

私は、あのときリゾバをやっていなかったら「リゾバしてみたかったな~」「リゾバしとけばよかったな~」と今もずっと思っていたことでしょう。

人間は年をとれば年をとるほど「~しとけばよかった」と後悔することが多くなるらしいです!

後悔している自分ってやっぱりカッコ良くないですよね!

 

後悔しない自分にならないためにも、一度だけでもやっておけばそんな気持ちにならなくなりますよ!

私は1回やって満足したので、1ヵ月後には就職していましたw

本気なら3社すべて登録するのが望ましいですが、面倒なら1位のアルファリゾートだけでも無料登録してみてください。

⇒ 北海道のリゾートバイト求人をみてみる。

2 Comments

リゾバについて想像通りな部分もありましたが、交通の便やコンビニなどのことはやはり経験者ならではの視点ですね!なるほど!と思いました。自分はリゾバへ行く勇気はないですがもし移住したら何かしら仕事を探さなければいけないので面接の流れや体験談などはとても参考になります。
いつもわかりやすくまとまっているので毎回楽しく読ませていただいてます^^

返信する
みかげ

雫さん
>コメントありがとうございます!

実際経験しないとわからないことがいろいろありましたので、北海道好きでリゾバ考えている人の参考になればと思い書いてみました^^
わかりやすいとのお言葉ありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。