札幌の地震確率が恐ろしく低くて驚いた。

札幌は地震リスクが非常に低い街です。

今後30年以内で震度6弱以上の地震が発生する確率でいえば、なんと東京より90倍も地震リスクが低くなっています。

今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率

東京⇒81.2%
名古屋⇒66.5%
大阪⇒53.9%
那覇⇒40.3%
福岡⇒8.1%
札幌⇒0.9%

 

引用:http://www2.city.sapporo.jp/invest/merit/02_disaster.php

 

なんと札幌は東京に比べ90倍も地震リスクが低いのです!

ここまで低いと何かの間違いかと思いましたが、間違いのない事実でした!

北海道の過去の大きな地震は9回

直近40年のデータですが、北海道で起きた震度5弱以上の地震は9回起きています。

9階起きた大地震は以下の通りです。

1982年 浦河沖地震
規模:M7.1/最大震度6(北海道)

1993年 釧路沖地震
規模:M7.5/最大震度6(北海道)

1993年 北海道南西沖地震
規模:M7.8/最大推定震度6(奥尻島)

1994年 北海道東方沖地震
規模:M8.2/最大震度6(釧路、厚岸)

2003年 十勝沖地震
規模:M8.0/最大震度6弱(新冠、釧路ほか)

2004年 釧路沖地震
規模:M7.1/最大震度5強(弟子屈、釧路ほか)

2004年 留萌支庁南部地震
規模:M6.1/最大震度6弱(北海道小平町)

2013年 十勝地方南部で地震
規模:M6.5/最大震度5強(浦幌、釧路、根室ほか)

2016年 内浦湾地震
規模:M5.3/最大震度6弱(函館市川汲町ほか)

参考:地震本部 札幌における震度4以上の地震

札幌で震度5弱以上を記録したのは1回だけしかない。

40年で9回も震度5弱以上の地震が起きていると少し多いような印象を受けますが、この9回のうち札幌で震度5弱以上を記録したのはたったの1回だけです。(1982年 浦河沖地震のみ)

北海道は面積が広いのでこのような現象が起きます。

実際2年前の2016年に起きた函館の地震は震度6弱という規模にも関わらず、札幌では震度1でした。

もし遭遇しても札幌だと帰宅難民になりにくい。

東京に住んでいればほぼ100%帰宅難民になるでしょう。

2011年の東日本大震災のときでも多くの人がそうなりましたので、東京に地震が直撃すれば間違いないでしょう。

札幌に住んでいてもなる可能性はありますが、ほとんどの人が職場から近い場所に住んでいるので、帰宅難民になる可能性は低いでしょう。

私も自転車通勤ですので、たとえ地震が起きても帰宅難民になりません。

やはり札幌は東京より地震リスクが低かった

札幌は地震リスクが低いとは知っていましたが、ここまでとは思いませんでした。

もう一度今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を載せておきます。

東京⇒81.2%
名古屋⇒66.5%
大阪⇒53.9%
那覇⇒40.3%
福岡⇒8.1%

札幌⇒0.9%

もちろんこれらはあくまで確率に過ぎません。

明日札幌が大地震に襲われる可能性は0ではありませんが、災害に遭いにくいというのも札幌に住むメリットのひとつですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。