mineoにして8ヶ月。6つの注意点とデメリットとは?

私が愛用しているmineoですが、mineoにして8ヶ月経過したのでデメリットも書いていきます。

ifon

以前の記事はこちら ⇒ 毎月の携帯料金を1,417円にするならmineoが簡単

1、通信速度が時間帯によって低下する通信速度が時間帯によって低下する

平日の12時~13時に若干ですが通信速度が低下します。

原因は会社のお昼休みの時間帯なのもあり、みんな一斉に使うのが原因でしょう。

といっても普通に読み込めますし、LINEなども普通に使えます。

2、キャリアメールが使えなくなる

@docomo@au@softbankといったキャリアのメールアドレスが使えなくなります。

代わりに使うのがgmailですね。

ただ現在はLINEで連絡を取る人がほとんどですし、私はほとんどメールアドレスは使用していません。

3、auのiPhone5s、5cは使えない

auのiPhone5s、5cが公式で使えないと公式発表されています。

それ以降のiPhone6、6Plus、6s、6sPlus、iPhone7 、 7Plusではすべて使えます。

スポンサーリンク

4、かけ放題が使えないからたくさん電話する人は止めた方がいい

Softbankなどかけ放題のプランがありますよね。

仕事などで月に何十時間何百時間と使う人には便利ですよね。

mineoでは完全にかけ放題のプランはありません。

30秒20円の通話料がかかるので、たくさん通話する人は止めた方がいいですね。

友人や家族としか通話しない人はLINE通話なら無料ですよね。

私の通話料は月に0~200円ぐらいです。

5、契約手数料3,000円がかかる

mineo(マイネオ)に申し込む際には契約手数料3,000円がかかってきます。これは少し痛手ですよね。

しかし、mineo(マイネオ)のエントリーパッケージをAmazonで事前に入手しておけば、この契約手数料は無料できるのです!

これはやっておかない手はありませんね。申し込み前には必ずエントリーパッケージを入手して、申し込みをするようにしておきましょう!

ちなみに私はこれを知らずに3000円払ってしまいました・・・

約2000円とはいえ知らないとほんと損ですよね。。

Amazonレビューにmineにしてよかった!というレビューがたくさんあるので、不安な方はも大変参考になるので読んでみてください。

6、1年以内の電話番号乗り換え手数料が高い

mineo(マイネオ)は契約後にすぐ解約しても一切解約金がかからないのですが、契約後1年以内にMNP(他社への電話番号乗り換え)をしようとすると11500円の手数料を取られるので注意です。

1年以内に電話番号の乗り換えさえしなければこのデメリットは関係ありません。

私もmineoにするときは不安でしたが、使い心地が良すぎて乗り換える気がまったく起こりませんので大したことはありません。

mineo(マイネオ)に乗り換える上でのデメリットとその対処法については以上です。

まとめ

以上がmineoのデメリットです。

この6つのデメリットが絶対に嫌な人はmineoにしないほうがいいです。

しかし、正直大したデメリットではないですよね。

仕事でたくさん通話する人は厳しいけど、それ以外の人は大丈夫なんじゃないかなーが正直な感想ですね。

このデメリットだけで年間72,000円携帯料金が節約できるならやっぱりいいですよねー。

mineo公式HPを見てみる⇒ http://mineo.jp

毎月の携帯料金を1,417円にするならmineoが簡単

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みどりん より:

    こんばんは、はじめまして
    いつも楽しくブログを拝見させて
    頂いています!
    私は生粋の道民ですが、みかげさんの
    ブログを読んでいるとこれまで当たり前と
    思っていたことが本州では当たり前では
    ないのだと知り、私もびっくりしました!
    陰ながら応援していますのでこれからも
    ブログ頑張って下さい‼️

    • みかげ より:

      みどりんさん>コメントありがとうございます!
      なんと!?生粋の道民の方にも読まれていたとは!!∑(´д`*)
      そうなんですよねー、道民の方は当たり前のように生活していて僕もいろいろ驚きがありました。笑
      ありがとうございます!
      道民の方に読まれていると思うと恥ずかしいですが、マイペースに更新がんばります♪(≧∇≦)

お気軽にコメントをどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>