「びっくり!!」札幌に移住して驚いた9つのこと

今ではもう驚かなくなりましたが、札幌に移住して驚いたことを書いていきます。

スポンサーリンク

1、「おにぎりあたためますか?」

コンビニでおにぎりを買うと店員さんから言われる言葉です。

最初は「え?何言っての?」と思いましたが、今では温めないと絶対に食べませんね。笑

たまに聞かれない時があり、自分から言う時があります。

ちなみにセイコーマートなら100%聞いてくれますのでセイコーマートで基本的に買うようにしていますね。

値段もローソンやファミマだと108円や110円ですが、セイコーマートなら税込みで100円ですし、味もセイコーマートのおにぎりの方が美味しいですね。

2、雪の上を自転車をこいでいるおじさん、おばさん

雪が積もっている2月なのに自転車をこいでいるおじさんがいます。

「いや、危ないでしょ!!!」

「ただでさえ雪の上は滑るのに、その滑る雪の上を自転車で走るなんて何事か!?」って思いましたね。

実際危険ですし、一部の人しかやっていませんが本州では絶対に見ない状況ですのでとにかく驚きましたね。

ちなみに若い人ではなく、50~60歳ぐらいの人がほとんどです。

3、え!?室内めっちゃ暖かい!!!

室内に入ると本当に暖かいです!!

埼玉にいたときは、室内でも震えて寝る時も布団を4枚かけたりしていましたが、札幌ですと2枚で十分ですね。

どうやらもともと建物の構造が北海道と本州の家では違うらしく、寒さに強いように作られているようですね。

それと二重窓ですね。

この二重窓のおかげで外の冷気が完全に遮断されて、室内がかなり暖かい状態を保てるようです。

外は寒いのは持ちろんですが、室内は本当にあったかいんですよ!

熱がりの人は半袖の人もいますよ。

4、花見にジンギスカンを食べる

本州で花見と言えばビールにつまみ、お菓子、おにぎり、お弁当などで盛り上がりますが、北海道ではジンギスカンです。

これには驚きましたね!!

円山公園などではジンギスカンを焼いている煙が充満し、お花が霞んで見えないほどです。笑

「なぜジンギスカン!?」

と思いましたが、考えてみればまだお花見をする4月下旬~5月上旬は気温が低く、高くても17度程度で夜は5度などまだまだ寒さが残ります。

そういった意味でも肉を食べてからだを温めないと花見どころではないはずです。

5、夏が2.3週間しかない

札幌でも夏は30度を超える日はありますが、8月でも7日前後しかありません。

ですので、

「夏が来たー!」

「札幌も暑いなー!」

と思ったらあっという間に終わります。

実際サンダルを買っても1ヶ月履くか履かないかですね。

「お盆を過ぎると秋」というコトバがぴったりです。

6、雪が降っていてもショーパンの女の子がいる

札幌は薄着の人が多いです。

特に若い人がですね。

-8度の大雪の中ショーパンの若い女の子が歩いていた時は目を疑いました。

もちろん少数ですが、街中に行けば確実に数人はいます。

7、3月と4月は春ではない

私は3月が一番好きでした。

冬が終わりぽかぽかとしてくる雰囲気が大好きなんです。

しかし、札幌では空気は春らしくなってきますが、まだまだ寒く雪も降ります。

札幌の3.4月が東京の真冬と同じぐらいの気温なんですよね。

札幌は大好きですが、私の大好きな3月の喜びが無くなってしまったことは悲しいですね。

ですので、3月と4月だけは北海道に来ることはおすすめできません。

スポンサーリンク

8.お母さんが子供をソリに乗せて引っ張って歩いている。

お母さんが2.3歳ぐらいの子供をソリに乗せて雪道を歩いています。

関東では絶対に診ることがない光景で、最初は驚きましたね。

どうして子供をソリに乗せているのかというと、雪道は小さい子供には歩きづらいんです。

もしも滑って怪我でもしたら大変ですよね?

要はベビーカー代わりです。

ですので、買い物をするお母さんにとってソリは必須アイテムなのです。

9、外に洗濯物を干さない

どんなに天気が良い日でも外に干している家庭がほとんどありません。

雨の日や雪の日ならわかりますが、晴れの日でも洗濯物が外にないんです!!

晴れの日は当然外に干すものと思っていたので、驚きました。

ひとまず365日部屋干ししてます。

アパートにベランダが無かったり11月~4月は雪が降るのもありますが、1年中、部屋干しです。

まとめ

やっぱり雪関係のことが中心ですね。

関東に住んでいたら一生知らなかったことばかりですし、札幌移住ならではの驚きでした。

ぜひ札幌移住してこの驚きを実際味わってほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にコメントをどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>