真冬の札幌を過ごすための3つの必需品

札幌の気温

真冬の札幌は毎日のように雪が降ります。

そんな真冬の札幌を過ごすうえで3つの必需品があります。

いずれも必要なものですので、準備しておくといいですよ!

1、氷の上を滑らないための雪靴

真っ先に必要なのは雪靴です。

雪が降ったり止んだりを繰り返していると地面がツルツルに凍ります。

またベチャベチャになり、大きな水たまりができたりと防水対策や路面凍結への対策が必須です。

ですので、

  1. 氷の上でも滑らない
  2. 厚底で防水性が高い

この2つの機能を兼ね備えている雪靴が大変便利です。

毎日革靴で出勤するサラリーマンのための、靴の裏側が滑りにくくなっている革靴もあります。

札幌は11月前半には雪が確実に降りますので、それまでには必ず持っておきたいですね。

道民必須!氷の上でも滑らない雪靴とは?

2、耳当て

真冬の札幌は-10度まで下がりますので、耳がとても冷えます。

耳を長時間冷やすと頭が痛くなってきますし、体感温度も下がります。

体質にもよりますが、耳当てもあったほうがいいでしょう。

私は耳が真っ赤になるタイプですので、真冬は常に装着しています。

会社の人にも「耳当ては買った方がいいよー!」と言われましたので、すぐAmazonで買いましたね。

created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥2,400 (2019/07/20 10:37:30時点 Amazon調べ-詳細)

3、フードつきコート

3つ目のフードつきのコートです。

フードが無いコートよりフードありの方が札幌はおすすめです。

理由はシンプルで、雪が降ってきてもフードをかぶるだけで頭が濡れずに済むからです。

詳しくはこちらの記事で書いています。

⇒ 雪が降っても札幌では傘をささない。

JHIJSC メンズ ダウンコート
JHIJSC
created by Rinker
¥4,980 (2019/07/20 09:05:48時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

以上3つですね。

雪靴は100%必要です。

マフラーをしていない道民はたまにいても、雪靴を履いていない道民はいません。

耳あてが必要かは体質によりますが、耳が冷えませんし、1000円程度で買えるので準備しておくといいでしょう。

フード付きコートは必須ではありませんが、あったほうが便利ですし、傘が必要なくなるので多くの人がフード付きコートを被って雪道を歩いています。

もちろん、私はこの3つは完全に装備しています。

ひとまず11月前半までには雪靴だけでも買っておけば余裕です。

他は12月以降で大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。